ジャンク品査定

壊れたカメラに壊れていないカメラより高い買取り価格がつくことは難しいです。ではどうしたら少しでも高く買い取ってもらえるのがポイントを説明します。

カメラジャンク品買取りのポイントは、修理して製品として売れる状態になること又は修理が不可能でもその部品を他の製品の修理に再利用できるかどうかです。新製品や古すぎないカメラ、人気の種類のカメラは、製品自体も使われている部品も需要があるため買取できる可能性が大きいです。取扱い説明書や充電器、外箱などの付属品の有無も査定に影響する可能性があります。反対に古すぎるカメラや利用者が少ないカメラは、修理するための部品を探すのも難しいので製品としても修理用の部品としても、すでに需要がないため買取できないこともあります。

壊れたカメラの修理費を差し引いても、渡せる買取り価格が残ることも重要です。例えば人気のあるカメラは、比較的買取り価格が高いので修理代がかかっても買取できることが多いです。あまりに損傷が激しい場合や動作確認ができないカメラは買取できないお店もあります。また、カメラのクリーニングにも人件費はかかります。汚れているカメラは査定前にクロスなどで優しく拭いて少しでも綺麗な状態で査定をお願いしましょう。

ジャンク品の買取りは高値を期待しすぎずに、本来は捨てるはずの壊れたカメラが少しでもお金になったらいい、くらいの気持ちで臨むといいでしょう。

Pocket

Published by