ジャンク品査定

壊れたカメラに壊れていないカメラより高い買取り価格がつくことは難しいです。ではどうしたら少しでも高く買い取ってもらえるのがポイントを説明します。

カメラジャンク品買取りのポイントは、修理して製品として売れる状態になること又は修理が不可能でもその部品を他の製品の修理に再利用できるかどうかです。新製品や古すぎないカメラ、人気の種類のカメラは、製品自体も使われている部品も需要があるため買取できる可能性が大きいです。取扱い説明書や充電器、外箱などの付属品の有無も査定に影響する可能性があります。反対に古すぎるカメラや利用者が少ないカメラは、修理するための部品を探すのも難しいので製品としても修理用の部品としても、すでに需要がないため買取できないこともあります。

壊れたカメラの修理費を差し引いても、渡せる買取り価格が残ることも重要です。例えば人気のあるカメラは、比較的買取り価格が高いので修理代がかかっても買取できることが多いです。あまりに損傷が激しい場合や動作確認ができないカメラは買取できないお店もあります。また、カメラのクリーニングにも人件費はかかります。汚れているカメラは査定前にクロスなどで優しく拭いて少しでも綺麗な状態で査定をお願いしましょう。

ジャンク品の買取りは高値を期待しすぎずに、本来は捨てるはずの壊れたカメラが少しでもお金になったらいい、くらいの気持ちで臨むといいでしょう。

Pocket

ジャンク品の需要

壊れたカメラをなぜ買取ってくれるのか、買取った後自分のカメラはどうなっているのか、不思議になります。

ジャンク品とは、そのままでは製品として使用できず本来の利用価値がない故障品のことです。カメラのレンズにひびが入ってしまった、電源を入れても動かない、など正常に動かない場合や見た目が非常に痛んでいる状態です。新品か中古品かは関係ありません。

修理屋ジャンク品の使い道は多種多様です。ジャンク品から部品を取り出して別製品の修理に使うこともあります。例えば、古い製品などは現在では部品が生産中止になっていることも多いため、古いジャンク品に使われている同じ部品が修理に役立つのです。また、リサイクルショップなどでは、修理してから中古品として販売して利益を得ることが可能です。個人で詳しい人は自分で修理して使うこともあります。

観賞用として、修理はせずに外観だけ綺麗にして室内や店舗に飾ることもあります。例えば、古いカメラはインテリアとしてもおしゃれな雰囲気を演出します。ジャンク品を積極的に購入するジャンク屋巡りという言葉まであるほど、ジャンク品の人気は高まっています。ジャンク品の買取りは捨ててしまうものがお金になるだけでなく、誰かの役にもたつ可能性があります。

Pocket

処分方法3つ 

ゴミとして捨てるくらいなら少しでもお金にしたいと考える人は少なくないでしょう。お金になる方法を含め、壊れたカメラの処分方法は大きく3つに分けられます。

1つ目はリサイクルです。以前は一般ごみなどと同様にカメラも自治体のルールに従って捨てていましたが、平成25年4月1日から小型家電リサイクル法が施行されました。使用済み小型家電の再資源化を目的としいて、カメラから駆動用電池を取り外して各市町村に設置された小型家電回収ボックスなどにカメラを捨てます。料金は無料ですが、ボックスの設置場所を役所やホームページで調べる必要があります。

交渉2つ目は不用品回収業者による回収です。リサイクルショップでも引取れなかったカメラも引き取り可能です。有料や無料、買取りの実施など業者によって違いますが、ホームページで違法業者の注意喚起をしている市町村もあるので信頼のおける業者を選びましょう。

3つ目はカメラ買取り専門店やリサイクルショップでの買取りです。ジャンク品も買い取ってくれる業者が存在します。カメラ買取り専門店は知識が豊富なスタッフが多く買取り価格も高い傾向にありますが、リサイクルショップは幅広いジャンルを扱うためカメラ買取専門店で買取ってもらえなかったカメラも買取りや引取りをしてくれる可能性があります。

捨てることはいつでもできます。まずは、買取り可能かどうか査定をお店に問い合わせてみてもいいでしょう。

参照:カメラ買取ならカメラ高く売れるドットコム|一眼レフ・レンズなどお売りください

 

Pocket

壊れたカメラについて

女の子仕事やプライベートのたくさんの大切な思い出のつまったカメラ。壊れてしまった場合、修理にだすよりも新しいカメラを購入する方が安くすむ場合もあります。では、壊れたカメラはどのように処分したらいいのでしょう。あまり捨てる機会が多くないカメラは、いざ処分の段階で、通常のゴミとして捨ててしまっていいのか疑問が湧きます。

壊れたカメラの処分方法はいくつかあり、なかにはお金になる方法もあります。カメラにはレアメタルなどの資源も含まれていることから、小型家電リサイクルの対象になっています。各自治体の小型家電リサイクルにだすと無料で回収されますが、ジャンク品として買取りにだして現金を得ることもできます。また、不用品回収業者の利用も可能です。どの処分方法を選ぶかで、必要な確認事項なども変わってきます。

故障や外観の損傷の激しい商品はジャンク品と呼ばれ、近年人気が高まっています。あえてジャンク品を選んで購入するジャンク屋巡りという言葉があるほどです。ジャンク品の購入者は個人や業者などさまざまです。壊れたからといって商品の価値がなくなるとは限りません。製品そのものや部品を必要としている人がいれば、買取ってもらえる可能性はあります。その際、正常な製品と同じとはいかなくても、少しでも買取り査定額が高くするための方法がいくつかあります。

このサイトでは、壊れたカメラの処分方法の種類から買取り査定の時はどこを見られるのかといったことまで紹介します。

Pocket